お出かけセット

お出かけするときは

オムツ3,4枚、おしりふき、ウェットティッシュ、着替え、ミルク(キューブタイプが便利)哺乳瓶、お湯、ガーゼ

が基本。あれもこれも入れたいけど、荷物になるし、遠出でなければこのくらいがちょうどいい。

 

お風呂デビュー

1ヶ月検診が母子ともに終わり、お風呂に入れるようになった。ママも入れるので楽しみにしていた。ただ、やはり夫の仕事の時間の都合で一人で入らなければならない。冬だったので、着替えさせるのに寒い思いもかわいそうなので、とにかく準備をよーく考えた。まずは、ベビーチェアーに着替えの服、オムツを置きその上にバスタオル。そこに我が子を寝かせる。我が家は高さ調節の出来るベビーラックを購入したので安全のために一番低くして、しっかりとベルトをする。まだ寝返りしないけど、目を離すので念のために。ママが先にお風呂で髪と体を急いで洗い、軽くタオルで拭いたら、我が子を脱がせてお風呂へ入れる。終わったら、とりあえず準備していたタオルにくるみ、オムツ。そのあと軽く自分を拭いたら、子どもを拭き、着替えさせる。また、ベルトをして、もう一度お風呂に戻ってママがあったまる。騒いでいる場合は声をかけながら。お風呂が終了したら、脱衣場で髪を乾かし、終了。お風呂は段取りが大事。

保護器との戦い

病院で使っていたのは、哺乳瓶の乳首の小さいサイズのもので、それをもらい始めは使っていた。始めはでてるのか分からなかった。退院して2週間過ぎた頃におっぱいマッサージへ行った時くらいから、保護器を使ってだけど、飲んでるのがわかるようになってきた。それでも直母はギャン泣きで、吸えない。哺乳量も10分10分の20分で20mlいくかいかないか。やはりミルクを足す。なんとか直母にしたくて、市販の保護器を買って見た。始めはピジョンのソフトタイプ。これは柔らか過ぎて吸うのが難しそうだった。なのでハードタイプも試して見た。固すぎて吸えない。お次はカネソンのママニップルシールド。ピジョンのよりは少し固めでなんかできそうだ。苦戦したがなんとか最高する時もあった。なんとなくママも息子もこれのおかげ?で直母の感覚を覚えてくれたのだと思う。乳首の先を口ではなく鼻先に向けるように飲ませると出来た。しかもケースがレンジ対応なのだ。哺乳瓶やら保護器やらは消毒タイプだったのでレンジは初めてだったが案外楽だった。

直母への道のり

右のおっぱいが短く、左のおっぱいはいわゆる扁平ぎみなので、保護器を付けて授乳をしていた。なんとかおっぱいの量を増やしたいので、おっぱいを片方10分ずつ飲ませてからミルクを足していた。あまり出ている感じもないので、完全ミルクの量をしっかり飲ませる。なので用意も大変だった。ミルクを作り、保護器を取り出す。飲み終えたらミルクと保護器を洗い消毒する。全ての作業が終わると1時間は超えていた。2時間後にまた同じ作業を繰り返す。正直、ミルクだけにしたら楽になるかなと思ったが、母乳で育てたいという気持ちも強かったので、続けた。少しでも飲んでもらいたいので、直接吸わせる練習もした。ギャン泣きで、心が折れることもあった。それでも、1ヶ月検診が終わった頃、何度か右だけ直母で飲むことができた。嬉しかった。

紙おむつを比較してみた

まずはパンパース。これは、出産祝いのおむつケーキでもらうことも多く、はじめに買ったのがパンパースでした。やはり、何事も無難な感じであるが、テープ辺りが固く、キチッとできれば良いのだが、私には少しつけるのに時間がかかった。次に買ってみたのがメリーズ。メリーズはサイズ感は大きい。メッシュ面なので、通気性が良く、オムツかぶれをしなくなった。でも、うんちがたまに張り付いていることもあった。次に買ってみたのがムーニー。これはとても柔らかくお尻がすっぽりとなるので、付けやすさがあった。でも新生児後半は小さくなってしまい、おしっこを給水した後、太ももに跡が残ってしまった。最後に買ったのがグーン。コストの面でグーンは良いと思った。私には付けやすいと感じた。新生児サイズを卒業してsサイズの時、私はグーンを選択しました。

沐浴で困ったこと

沐浴で困ったことは、上がり湯。沐浴用の洗い流さなくても良いタイプを使ってみたが、いまいち洗浄力が弱いのか、我が子にあわないのか、わからないが、皮膚の状態が良くない。病院のではビオレを使っていたので、ビオレで全身を洗うことにした。でも、浴槽部分が病院のように2つに分かれていないし、シャワーをかけるのも一人では無理。なにか丁度良いものがないかと、家の中を探したら、スーパーとかで使う買い物かごに目が止まった。この網に大き目の袋をかければ、、、いける。沐浴用のバスと買い物かごの2つにお湯をはって、問題解決!